RPAの概要

概要

生産性向上の注目技術
企業の変革に欠かせないツールとして注目されているRPA(Robotic Process Automation)。
パソコン操作を人間に代わってソフトウェアロボットに実行させる技術です。
生産性向上が大きな課題となっている時代に、24時間365日、ソフトウェアならではの働き方で、貴社の働き方改革に貢献します。

RPAと人間の役割分担

定型業務と不定形業務
企画や判断、社内外の調整や交渉などの高度で複雑な不定形業務と、定形レポートの作成やデータのチェック、入力などの定型業務。 RPAを導入することで、煩雑な定型業務から解放され、人ならではの時間を確保することが可能となります。

RPAの得意分野

大量処理/定型処理/システム間連携など
RPAは業種、企業規模を問わず様々な業務に活用いただけますが、以下の特性をもつ業務には特に高い効果が見込めます。

・処理のルールが明確
・大量のデータ、件数を処理する
・複数のシステム、アプリケーションを操作する

具体的には、以下のような一連の作業がRPAで置き換え可能です。

帳票作成処理
システムからのデータ出力、Excelでの加工、所定のフォルダへの配置、完了メール送信など

取引先様システムへの定時・大量データ投入
自社システムからのデータ出力、マスターデータとの突合と整形、取引先様システムへのデータ入力など

提供サービス

大工程の「ご検討」フェーズでは、お客様のご担当者様と協力しながらご提案作業を行います。ご担当者様は作業負荷が発生いたしますが、ご了承いただきます。
大工程の「開発」「運用」「見直/展開」フェーズについても、お客様作業をサポートいたしますが、サービス内容についてはご相談ください。

お取り扱い製品のご紹介

お気軽にお問い合わせください。03-6832-3280受付時間 9:00 – 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。